2008年09月03日

ハードディスクケース修理

プラネックスのPL-35UXAというハードディスクケースを使用していたのですが、ある日マウントしていたHDが突然使用不能になりました。
再起動しても再マウントしません
あぅ;゚д゚)

ケースを開けてHDを確かめたらウンともスンとも音がしません
あちゃぁ〜これはHDが死んだなぁと判断してケースからHDを外して
処分しました。

幸い、使用していたHDはメインのHDのバックアップ用だったので
メインが無事なら保存してあるデータに未練はありませんでした。

バックアップ用の新しいHDを用意しようと思ったのですが、
その金が無い・・・(´・ω・`)
暫くはメインが壊れないことを祈りつつ過ごしてましたら
友人TSURUさんが使っていないHDを譲って呉れました。ありがとー。

さっそくHDケースに内蔵して接続。
あれ?(゚д゚ )
HDの駆動音がしねえ
???(゚д゚ )

もしかして?と思って別のHDケースに繋いでみたらちゃんと駆動音がして、マウントもされました。

ちょっ、
えっと、
もしかして、処分したHDは問題なくてHDケースが問題だったの?

がーーーーーーーん(°口°;) !!まいが!

壊れた(と思った)HDもメーカー保証で修理(壊れてなかったけど)できたのに。と、TSURUさんに言われましたが、すでに処分済みで後の祭り。
しくしく( ´Д⊂ヽ

せめて別のHDケースに入れてテストすればよかった。くぅ。

っーことで件のHDケースをメーカー修理に出すことに。
まだ購入から1年経ってなかったので無償で修理出来るだろうと思ったのですが、まずは確認からしようとメーカーサイトで確認。
・・・・よくわからん( ゚д゚)

保証書にサポートの電話番号があったので電話してみる

『大変込み合ってあります・・・おかけなおし下さい・・・ガチャ!』

切れたよ?( ゚Д゚ )

もう一度してみる

『大変込み合っております・・・お手数ですが第二サポートへ・・・』

言われた電話番号に電話してみる。

『大変込み合ってあります・・・おかけなおし下さい・・・ガチャ!』

切れたよ?(=ω=;)

何度電話しても繋がらないし、切られるしで電話サポートは駄目だわこりゃってことで断念。

メーカーサイトのサポートページから問い合せしてみる。
3日経ってようやく返信メールキタ
『壊れているみたいだから修理依頼ページで再度手続きしてから送れ(意訳)』

(=ω=;)このまま送っちゃいかんのか。

修理依頼ページから再度手続きして送信。
受付完了の返信メールが来たので指定された住所にHDケースとACアダプタを梱包して発送(元払い)したのが先週の火曜日の午前中

木曜日の午前中にはメーカーに到着したみたい(運送会社のサイトで確認)だけど、受取り完了とか動作確認したとかのメールは無し。

メーカサイトでは確認(見積もり)のメールを送る事になってるみたいなんだけどなぁ〜と思ってましたら、今朝突然返送されて戻ってきました。

開けてみたら
『製品本体とACアダプタに不具合あり。検査良好品と交換(意訳)』のプリント一緒に新しいHDケースが入ってました。

うーむ、無償(片道送料自己負担)とはいえサイトで手続きしたんだから、メールかサイトで修理状況(受取り・動作確認・見積もり)は教えて欲しいものだよね。

でもこれでバックアップ体制が戻りました
他にもHDケースは所有しているのですが、他のはUSB接続なので
Firewireでの接続が可能なPL-35UXAは重宝してたんです。(^^ゞ

あーでも、処分したHDはもったいなかったなぁ〜
早とちりした自分が悪いんですけどね。(^_^;)

posted by ヘイゴ at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42563604
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック