2008年08月24日

怪談3日目と花火

心霊かは不明だけど怖かった話しを短く。

専門学生時代に臨時講師がアトリエを開いたので遊びにおいでという誘いにのって、友人数人と遊びに行きました。
夜半までお邪魔して深夜に帰宅することになったのですが、友人皆はすでに座席で眠っていて自分一人起きて運転していました。

深夜0時を過ぎた頃、街灯の無い道で廻りに民家も無く月も厚い雲に遮られて頼りはヘッドライトのみの真っ暗闇。カーブにさしかかってヘッドライトが道沿いの田んぼを照らしました。

そこに、独りの老人が草刈りをする姿が!!

(°口°;) !!

街灯も、民家の灯りも、月明かりもない田んぼで
独り草刈りをする老人。

あれはいったい何だったんだろうと今でも考えます

☆☆☆


夕べは鹿児島市で行われた
『かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会』
を観に行きました

観に行ったと言っても、打ち上げ会場は店の目の前。
会場には行かず店の前で観るつもりでした。

打ち上げ開始時間には弱い雨が降っていましたが
予定通り打ち上げが開始されました

それまで店の中にいたので、娘さんを伴って店の前に出てみたら
すでに他の方々が店のテントの下で雨宿りしながら花火観覧してました
(=ω=;)ありゃぁ

さすがに『うちの店なのでどいて下さい』とは言えず
近くのマンションの1階部分(駐車場)に行って観てました。

でも会場との間には大きな建物があって、それが邪魔でキレイには見えません。

えーい、と思って自分の店が入ってるビルの屋上に上がることにしました。
まだ小雨が降っていましたが
5階建てビルの屋上なので花火がキレイに観ることが出来ました。

写真を撮ろうかと思ったけど、また1階に戻るのも面倒だったし
まだ小雨が降っていたので諦めました(^_^;)
なので写真はありません。

プログラムが進んでいくうちに雨も止み、風も少し吹いて涼しくて観覧にはちょうどよくなりました。

近所のビルの屋上にもチラホラ人影が見えます
あるビルではビアガーデン風にして住人達が花火を楽しんでいました。

来年はウチもそうするかな?(<手すりも無い屋上なので超危険w)

花火は目の高さ(より少し高い位)で開くので、ちょっと怖いくらいでした。
音もすごい!Σ(゚Д゚;

最後まで楽しんで屋上から降りました。

交通規制が解除されるまで店で過ごしてから帰宅しましたが
やはり渋滞が発生してて、ちょっと遠回りして帰りました。

今朝はちょっと寝過ごしましたよ(^_^;)

posted by ヘイゴ at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42563600
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック