2008年08月01日

月初め恒例

昨日の日記(不当投棄ゴミ)の最後の方に

あっ、そうそう、今日洗車しました。
(洗車後に雨になるジンクス100%の記録更新中!)
鹿児島・宮崎地方の方は急な雨に注意して下さい
っか、すでに空が雲って来てるよ!w


って書いたのですが

コメントにTSURUさんから

すげぇ!
帰宅時(9時前)、本降りになったですよ(@_@;)


っていうことで。



洗車後に雨になるジンクス100%
記録更新中!!!!

もう、ほんとに、 いやん。_| ̄|○ 


☆☆☆


月初め恒例の今月の気になるコミック&文庫一覧


01日「レンタルマギカ 魔法使いの妹」三田誠/角川書店/9784044249205
04日「JIN-仁- 12」村上もとか/集英社/9784088597201
04日「エム×ゼロ 10」叶恭弘/集英社/9784088745541
04日「王様の仕立て屋 The Special Edition 1」大河原遁/集英社/9784088597249
04日「王様の仕立て屋~サルト・フィニート~ 19」大河原遁/集英社/9784088597195
07日「酔いどれ小籐次留書 薫風恋幟 10」佐伯泰英/幻冬舎/
08日「sweet ten diary」町田ひらく/茜新社/9784863490154
11日「のだめカンタービレ 21」二ノ宮知子/講談社/9784063407129
19日「PEACE MAKER 2」皆川亮二/集英社/9784088774992
20日「くらがり同心裁許帳 12」井川香四郎/KKベストセラーズ/9784584366417
22日「鋼の錬金術師 20」荒川弘/スクウェア・エニックス/
22日「あたらしい朝 1」黒田硫黄/講談社/9784063145236
22日「神の雫 17」オキモト・シュウ、亜樹直/講談社/9784063727258
27日「クッキングパパ TVドラマ編」うえやまとち/講談社/
29日「漫勉」浦沢直樹/小学館/9784091990136


今月も少なめかな?
posted by ヘイゴ at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年08月02日

夏の風物詩

先日、テレビを観てたら夏の風物詩?
稲川淳二の恐い話しを生放送でやってました。

恐かった(=ω=;)

いや、話しは全然恐くなかったんですけどね(ありがちな怪談でしたし)

話してる稲川淳二の傍を


発光体が浮遊してた事!Σ( ̄▽ ̄;


録画してなかったのでキャプ画像はありませんが
確かに何度かユラユラと発光体が画面を横切りました。

こわ〜〜〜〜〜〜〜っ!(((゚Д゚)))ガタガタ

多分、浮遊している小さなゴミにライトが反射してたんでしょうけどね
posted by ヘイゴ at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年08月04日

夜の散歩

微熱が続いてカタダも重たかった(体重ではなく)ので
久々に栄養ドリンクを飲んでみました。

眠れない(=ω=)

効き過ぎだよユ○ケル!
しかも1,000円超える高いヤツじゃなくて
300円程の安いモノで効果有りでした
安上がりだなぁ〜>自分(^^ゞ

眠気が来ないので酒呑んでみたけれども
酒よりもユ○ケル効果が勝ってちっとも眠気が訪れず
仕様がないので娘さんを誘って散歩に行くことにした深夜12時。

近所のコンビニまでてくてくと
星座の話しをしながらの道行きでした

帰りはソフトクリームを食べながら栄養補給をしつつ
社会と歴史の問題を出し合いました(<何してんだか)

小一時間程の散歩でしたが
カラダを疲れさせるには十分だったみたいで
暫くしたら眠気が来ました






朝起きたら頭が痛かった。二日酔いぽい。

そこは効こうよユ○ケル!(=ω=;)
posted by ヘイゴ at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年08月07日

携帯から更新

微熱と頭痛が続いてて辛い

☆☆☆


後輩be君が海水浴場のバイトをしているのですが、連日の晴天続きで休みがなく「先輩〜そろそろ洗車しませんか?」(僕が洗車すると雨が降る確率100%なので)と失礼なセリフを吐きました。

いやいや、つい先日洗車して雨も降ったでしょ?

「でもあれ夜に降ったじゃないですか。」

なんて身勝手な奴だと思いつつ、かわいい後輩の為頑張ってみりことにしました。
でも、実際つい先日洗車したばかりなので本当に洗車はせず、気持ちだけ「洗車したい!」と思ってみましたら

今日の鹿児島の天候 曇り(処により雷雨)

という結果になりました。

俺ってすごい?
posted by ヘイゴ at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年08月16日

キャンプ報告

久々の更新です  しかも長文(^^ゞ

14日・15日と毎年恒例のキャンプに行って来ました
友人家族とその友人とで総勢17名
大人8人 高校生3人 中学生3人 小学生2人 幼児1人

車4台(うち2台がセダン)で荷物と人間を運ばねばなりません
荷物を極力少なくしようと話し合い
集合場所であるW家でイス、テーブル、BQコンロ、ハガマ、大鍋、寝袋、その他諸々(常設テントなのでテントは無し)を積み込んでみたら結構余裕でした。
(後でこれが間違いだったと判明)

人間も積み込んで8時前にいざ出発!

中央駅で後輩D君をピックアップする車を1台残して3台が市街地を脱出
市の外れのコンビニで休憩&残りの1台を待つことに。

んで、ここで忘れ物が判明!Σ( ̄▽ ̄;

日除け(雨除け)用の大型シートを積み込み忘れてた。
あちゃー。
さらに

俺「そういや、ランタン積んだ?」
友「あっ!!Σ( ̄▽ ̄;」

ランタン2灯も積み込み忘れてた!
そりゃ荷物も余裕だったハズだよー(ノ∀`)

っーわけで、メインの荷物が満載の車2台を先に行かせて
人間のみの俺の車で荷物を取りに帰る事にしました。
二軒分。

ウチの車に乗り合わせてた娘っ子達(4人)は
「えーっ!せっかく此処まで来たのにぃ!」とか
「シートもランタンなくてもいいじゃん!」とか
ブーブー文句を言ってましたが、
アイス買うから!との約束で納得しました。
(それでもブーブー言ってたけどw)

市街地脱出には30分も掛からなかったのに、市内に戻るのは1時間も掛かりました。さすがにお盆時期ですわ(-_-;)

集合地のW家で大型シート2枚を乗せて、さらにS家に行きランタン2灯とテント内に敷くシート2枚を乗せて、さぁホントにこれで出発だぁ!!

娘っ子達「ブー!ブー!ブー!」

(´・ω・`)アイス買うから・・・

皆から1時間半以上遅れてキャンプ場に到着!
娘っ子達は4時間近くも車に載っていてもうクタクタ状態でした。
(^_^;)スマン

さっそく昼飯の準備
おにぎり&うどん。炭水化物&炭水化物(笑)

ご飯は高校生’s(男子)がハガマで炊いたんだけど
かなりの量が炊き上がってました。
夕食時に炊かなくても良いくらい大量。
はて?一升炊きのハガマで何故こんな量に?
(翌朝謎が判明する)

昼食後またーりと過ごす。
子供達は川で水浴び
親は呑む。呑む。呑む。またーり。呑む。呑む。呑む。またーり。

夕方になったので夕食の準備開始。
おにぎりが大量に残っていたので準備は焼き物だけ。
W家とS家の二人の旦那がBQ奉行。いつもありがと。





肴が出来たのでさらに呑む。またーり。

暗くなってきたのでランタン点灯
いつもより暗いなぁと思ってたらキャンプ場の水銀灯が点いてなかった。
故障してるみたい。よかったよーランタン取りに戻ってて(^^ゞ

またーりと過ごして食べる。呑む。ダベる。

急に眠気が来たので、先に失礼してテントで就寝。
皆はその後も呑んで食べて、花火して過ごしたみたい。

朝、5時に起床。
毎年夜半になると雨が降るけど、今年は降らなかったみたい。
うぬ、やはり洗車しなくて良かったw

もってきたライトノベルを読んでまたーりと過ごす
1時間してコーヒーが飲みたくなったので買い出しに出る
駐車場に行ったらS家の旦那が車で寝てた!
Σ( ̄▽ ̄;ナニしてんねん!

「便所に行ったら面倒くさくなって車で寝た」

って、便所はテントのすぐ傍じゃんかw!
コーヒー買ってくるからと声をかけてから車で5分の酒屋へ。

どうせ開いてないから自販機で買おうと思ったらすでに開店してました。
朝6時。さすが田舎の酒屋は早いなぁ。
中からピンクのネグリジェのおばぁちゃんが出てきましたよ(^^ゞ

キャンプ場へ戻ったらS家の旦那が朝飯の準備を開始してました。

みそ汁用のお湯とご飯。

S家旦那が
「5kgの米って何合?」
と訊くので携帯の電卓で計算して
「約33合かな?」と答えたら

「さっき、米炊くときに9合しか無かった」
「えっ?っーことは昨日の昼に二升以上炊いたってこと?」

( ゚д゚)・・・
( ゚д゚)・・・

何考えてるんだあいつ等(高校生’s)
一升炊きのハガマで無茶するなぁ〜w

と笑いの一時。

朝飯食べて、またーりとしたら徐々に片付け開始。

途中で川の水で冷やしたスイカを食べる



娘っ子達(4人)が半分に切ったスイカをそのままスプーンでむさぼり食うの図

なに遣ってんだオマエ等(=ω=;)

昼過ぎに撤収完了。
帰路へ。

途中『彩雲』が見えました



車を停めてパチリ
娘っ子達も携帯で撮影してました。

3時過ぎには集合地のW家へ到着
精算して解散。

今年も楽しかったよー♪ 
この処の鬱々した気分が一掃されました♪
ありがとねー友人’s

また来年も楽しみにしてるよ(*^^)/
posted by ヘイゴ at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年08月17日

ゴミその後

先日不当投棄ゴミ(不当投棄ゴミ 7/31日付日記)を書いたけど、その後またゴミが捨てられてました。
(=ω=;)

もう面倒臭くなってビル管理会社にも連絡しないで放置していたら、さらにもう1袋捨てられました。
まぁ、2週に1回清掃会社が入るのでその時にでもビル管理会社に連絡が行くだろう。と放置。

キャンプから帰って来て2日ぶりに出勤したら、さらにもう1袋増えてました。

( ゚д゚)

放置してたらダメだこりゃ

って、ことでゴミ袋に張り紙を致しました。
ビル管理会社みたいに『ここにゴミを捨てないで』という内容ではなく

県警の生活環境課の電話番号と
◎風俗取締 ◎売春摘発

と書いて貼ってみました。





1時間後にはゴミが無くなってましたwwwww





っか、売春クラブ決定ですな(=ω=;)
posted by ヘイゴ at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年08月18日

異常発信

昨日、友人W家の長男から
「着信履歴があったけど、何か用?」との電話がありました。

( ゚д゚)?

キャンプの朝に電話したけど、昨日は電話してないよ?
でも着信履歴は昨日の朝に電話があった事になってるみたい
うーん、もしかして鞄に入れている時に発信ボタンが押されてリダイヤルされたのかな?と思って「ごめん、リダイヤルされたみたい」と電話を切りました。

んで、また同じ様な事があると迷惑をかけるので、会社に電話してリダイヤル先を会社にしておきました。これで同様な事があっても会社にリダイヤルされるはず。

しばらくしたら会社の電話にワン切りがありました。

( ゚д゚)?

自分の携帯をみたら、同時間に携帯から会社へ発信履歴がありました。

(゚Д゚≡゚Д゚)??

もしかしてBluetoohのヘッドセットが不具合なのか?
と思って調べてみましたが、ヘッドセットの電源はオフになってました
おやぁ〜?(゚д゚ )


携帯本体を再起動して様子をみる事にしました。

んで、半日過ぎたけど怪しい挙動は無し。

あの異常はなんだったんだろう?と思いながら今朝出勤中に
またもや異常発信!
今度は発信中に切っても再度リダイヤルを掛けるという症状。
Σ( ̄▽ ̄;ギャース

とりあえず携帯の電源を落としました。
電源を切る前に確認した画面ではやはりBluetoohからの発信動作みたい。

ヘッドセットを再度確認してもやはり電源はオフの状態。(゚д゚ )


あっ!Σ( ゚д゚)

と気づいて鞄の底を探してみたら、もう一台のBluetoohヘッドセットが荷物に押されていました。
電源は入ってなかったけど、多分荷物で押されるかして電源のオンオフが繰り返され、タイミングが良い時にリダイヤルされたのだと推測しました。

荷物に押されてもスイッチに負荷が掛からないように、煙草ケースにいれて鞄に戻しました。
これで異常発信は無くなると思います(=ω=;)

夏の怪談かと思ったよ(笑)
posted by ヘイゴ at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年08月19日

怪談

暑い日が続きます鹿児島市
そこで涼しくなる話しを少し。

僕には幸い(?)霊を視る力はありません
でも子供の頃から絶対に近寄りたくない場所とか
背後に"何か"の気配を感じる事がありました

霊感の強い(霊を視る)友達に言わせると
その場所には霊が居るのだそうです
(友人にはその場所が恐いとかは教えてない)

だからハッキリとは心霊現象とは言えませんが
僕の経験した恐い話しをしたいと思います

☆☆☆


今の借家を借りる前に何件か不動産屋を廻りました
条件は同じ町内で家賃が3万円程の部屋

数件廻ったところで
六畳二間とキッチン3畳で3万円というアパートがありました
すぐ近くに大型ディスカウントショップがあり
国道のすぐ傍です

不動産屋と下見をしました。
木造アパートの1階で日当たりは悪いけどリフォームをしたのか
部屋の中は外見より新しい感じでした。
お風呂もトイレも新しいタイルのようでピカピカしてました

でもなんだかどんよりした空気が漂ってました
特にキッチンからお風呂にかけて空気がよどんでいるという感じ

でも予算内だったし、部屋も6畳が二間なので十分な広さがあり
「ここにしようかな」と思ったのですが
一応他も廻ってみますと契約は保留しました

母にあのあたりにいい部屋があったよと報告したら
私もちょっと見てくるよと言って見に行きました

でも帰ってきたとたん
「やめなさい。なんか気分悪くなったよ」
と言われ

「もしかしてキッチンか風呂?」と訊いたら

「そう」と答えました。

結局、今の借家に空きが出来るとの話しが出たので
不動産屋に断りの電話を入れたら
「わかりました」の一言でした。

後日、近所の人から
「あそこは駄目よー、ほらすぐ傍に幽霊屋敷があるでしょ
 あそこにも出るらしいわよ」
と教えてもらいました。

どうりで不動産屋がすぐに引き下がった訳だ。

☆☆☆


離婚前、ある団地に住んでいました。

田舎から帰る時に途中からスカイラインに入って、団地の入り口傍のインターチェンジで出るのが常でした。(この間は無料区域なので)

ある日母を連れていつものように団地傍のインターチェンジでスカイラインを降りました。インターチェンジから団地入り口までは谷になっていて、一番底には交差点がありました。
交差点を過ぎてすぐに母が「気分が悪い」と言い出しました。
母は車に酔いやすいのでその時には車酔いかと思いましたが
その後も何度か母を乗せてその交差点を通る時に限って母が酷く気分が悪くなるのです
別の道を通った時にはそんなに気分が悪くなるような事はありません。

その交差点は団地の入り口やインターチェンジの傍だし、近くには大型のスポーツ施設があるので車の往来は多い交差点です。
でも、確かに夜に独りでその交差点を通った時には背中に"ゾクッ"と来るものがありました。

それから母を乗せた時にはその交差点を通ることを止めました。

後日、友人宅で呑んでいる時にその交差点の話しが出ました。
母の件を黙って、霊感のある友人夫妻の話しを訊いていたら
どうやらその交差点には"何か"が居たようです

もしかしたらあのアパートにも"何か"が居たのかもしれません。
posted by ヘイゴ at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年08月20日

怪談2日目

昨日に引き続き僕の体験した恐い話しを。

☆☆☆


今の借家ではなく、実家の2階に住んでいた時の話しです
夜中2時頃に電気を消し、ベッドに横になってテレビを見ていたのですが、階段をトントントンと誰かが上がってくる音がしました。

階段に通じる襖は閉めてありましたが、誰だろう(母かな?)と思って入り口が開くのを待っていましたがいっこうに開く気配がありません。

気になって襖をガラっと開けましたが、其所には誰もいませんでした。
階段の電気も、玄関の電気も消えたままです。

家鳴りだったのかなぁと思い襖を閉めて、その日は眠りました。

後日、その話しを友人にしたら

「そうそう、以前泊まった時に階段を誰かが上がってくる音がしてたよ」

と言い出したのです。

恐くなってそれからは、入り口の襖は必ず閉めて
階段を誰かが上がってくる音がしても絶対に自分からは開けないようにしました。

数年後

今、その部屋には兄貴が住んでいるのですが
やはり、夜中に階段を上がってくる音がするそうです

さらに、夜中に突然襖が外れて倒れて来たことも。

誰かが入ってこようとしたのでしょうか・・・




階段を上がってくる音はしても、降りて行く音は絶対にしません
もしかしてずっとそこに立っているのかも・・・。
posted by ヘイゴ at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年08月22日

恐い話し

心霊の恐い話しはお休み
では、何が恐い話しかと・・・


今月の電気代が

19,800円也!!

(T口T;) !!ぎゃーす!!

30アンペア契約だし、Mac2台(iMac&Macmini)も24時間稼働(スリープ無し)なので月1万円を超える時が多いのだけど、これには驚きました。

やはり娘さんが夏休みで
1日中家に籠っているのが原因かと(=ω=;)

クーラがほぼ24時間稼働だものなぁ〜

来月の請求書も恐いわ
(;゚Д゚)ガクガクブルブル
posted by ヘイゴ at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年08月24日

怪談3日目と花火

心霊かは不明だけど怖かった話しを短く。

専門学生時代に臨時講師がアトリエを開いたので遊びにおいでという誘いにのって、友人数人と遊びに行きました。
夜半までお邪魔して深夜に帰宅することになったのですが、友人皆はすでに座席で眠っていて自分一人起きて運転していました。

深夜0時を過ぎた頃、街灯の無い道で廻りに民家も無く月も厚い雲に遮られて頼りはヘッドライトのみの真っ暗闇。カーブにさしかかってヘッドライトが道沿いの田んぼを照らしました。

そこに、独りの老人が草刈りをする姿が!!

(°口°;) !!

街灯も、民家の灯りも、月明かりもない田んぼで
独り草刈りをする老人。

あれはいったい何だったんだろうと今でも考えます

☆☆☆


夕べは鹿児島市で行われた
『かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会』
を観に行きました

観に行ったと言っても、打ち上げ会場は店の目の前。
会場には行かず店の前で観るつもりでした。

打ち上げ開始時間には弱い雨が降っていましたが
予定通り打ち上げが開始されました

それまで店の中にいたので、娘さんを伴って店の前に出てみたら
すでに他の方々が店のテントの下で雨宿りしながら花火観覧してました
(=ω=;)ありゃぁ

さすがに『うちの店なのでどいて下さい』とは言えず
近くのマンションの1階部分(駐車場)に行って観てました。

でも会場との間には大きな建物があって、それが邪魔でキレイには見えません。

えーい、と思って自分の店が入ってるビルの屋上に上がることにしました。
まだ小雨が降っていましたが
5階建てビルの屋上なので花火がキレイに観ることが出来ました。

写真を撮ろうかと思ったけど、また1階に戻るのも面倒だったし
まだ小雨が降っていたので諦めました(^_^;)
なので写真はありません。

プログラムが進んでいくうちに雨も止み、風も少し吹いて涼しくて観覧にはちょうどよくなりました。

近所のビルの屋上にもチラホラ人影が見えます
あるビルではビアガーデン風にして住人達が花火を楽しんでいました。

来年はウチもそうするかな?(<手すりも無い屋上なので超危険w)

花火は目の高さ(より少し高い位)で開くので、ちょっと怖いくらいでした。
音もすごい!Σ(゚Д゚;

最後まで楽しんで屋上から降りました。

交通規制が解除されるまで店で過ごしてから帰宅しましたが
やはり渋滞が発生してて、ちょっと遠回りして帰りました。

今朝はちょっと寝過ごしましたよ(^_^;)
posted by ヘイゴ at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年08月25日

都市伝説

心霊ではなく都市伝説の恐怖

ってか、今日の「徹子の部屋」での話し・・・

ゲストは青山テルマ

トークも弾み、テルマの学校の話題が出た時のことです

テルマが友人から頼まれたという質問を徹子さんに問いました


「えっとぉ、徹子さんはその頭(髪)の中にお菓子を入れてるって言うのはホントウですか☆(期待の籠った顔で)」


あー、なんという都市伝説を本人に聴くんだよ(´△`)


「ええ」


えっ?Σ( ̄ロ ̄lll) 

おもむろに髪に手を突っ込む徹子さん

ギャグだよね(・・;)



頭からお菓子だしたー!



(°θ°;) !!

(つд⊂)ゴシゴシ

次々にキャンディを頭から出します徹子。

「お友達にもお土産ね」といってお菓子を渡す徹子。

頭の中にお菓子が入ってる意味が判らん。(・_・)



これが実話だというのが今年一番の怖い話しでした(´・ω・`)
posted by ヘイゴ at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年08月26日

怪談最終日

これは霊感(霊視)の無いワタシが
唯一心霊現象だと断言できる体験です

数年前にも一度、記した事がありますが再度書きます

ウチはダイビングショップも経営しているのですが
ある沖縄のホテルから招待状が届きました。
『新しいホテルを建てたので宿泊料を半額にするから下見に来てくれ(意訳)』というもの。

元カミさん(当時は結婚前)と二人で行くことにしました。

当日、色々トラブルが重なってホテルのある島に着いたのはすでに夕暮れ時。
チャーターしたクルーザから港に降りた瞬間、背中にゾクリという感覚が来ました。
長い移動時間だったし、飛行機も船も乗り継いでの移動だったので疲れたかなぁと思ったのですがホテルの迎えのバスに乗って移動している間も、何かの気配が島全体を包んでいるのが感じられました。

元カミさんは視える人だったのですが、嫌な雰囲気だけど視えないとのことだったので安心しました。

ホテルに着いてチェックインすると、本館から離れたコテージ群へ案内されました。

コテージは3畳ほどの寝室(シングルX2)が2部屋に、12畳程の大きなリビング、本格的なキッチンもあってツアーを組んで訪れるには絶好の条件でした。

寝室は山側と海側に分かれていて、ワタシ達は海側の寝室を選びました。
山側の部屋には何故か近寄りたくありませんでした。

本館でディナーをすませてコテージに戻り、暫く楽しんでから寝室に入って寝ることにしました。

夜中、仰向けで寝ていたら誰かの手が腰を触っている感覚がして目が覚めました
元カミとは別々のベッドで寝ていましたが、一緒のベッドに入って来たのかな?と目の端で隣のベッドをみたら元カミさんは、もう一方のベッドで熟睡していました。

じゃぁ、この腰を触る手は誰の手?

しかも、その手はベッドがあるハズの下から直接ワタシの腰を持ち上げようとしているようでした。

そして、その手の力で腰だけが徐々に上に持ち上げられたのです

やばい!と「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏」と唱えたのですが声にはならず、徐々に手が腰を上に持ち上げて身体は”へ”の字になってしまいました。

南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 

南無阿弥陀仏!!!

と、ようやく声が出た時にその手の感触がふっと消えて、腰がベッドに落ちました。

隣に寝ていた元カミも飛び起きて
「出たの?」
と訊いてきました。

どうも、気配がして目が覚めたけど金縛りで動けなかったのだとか。
ワタシの身体が”へ”の字になっているのも目の端に見えたけど、動けなくて怖かったらしい。

それから二つのベッドを元カミさん側のベッドに寄せて二人で一緒に寝ました。

翌日、チェックアウトの時間を待たずに本館で港に向かうバスを待ったのでした。

考えてみるとワタシが寝ていたのは山側のベッド。
もしかしてあの山側の寝室に寝ていたらもっと怖い体験をしていたのかもしれません。
posted by ヘイゴ at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記