2008年06月05日

リファラスパム

このサイトのアクセス解析はレンタルサーバに置いたCGIで行っています。
本格的に解析したい場合はサーバログをファイルメーカーProで開いて行っていますが、リアルタイムでユニークユーザやリファラを観たい場合があるので外部に置いたCGIを利用しています。(trackfeedも利用してる)

んで、このアクセスログに最近見慣れないURLが山ほど残るようになりました。
リンク先に飛んでも(念の為URLをコピーして開いてる)こっちのサイトについて言及してないしリンクも貼られていない。
リンク先は普通のブログ(偽装か?)だったり、保険やカジノやニュービジネスといったもの。
しかもサーバ側のログを観ると該当のリファラは残っていない。


つまりアクセス解析(収拾)CGIに直接アクセスしてリファラ(リンク)を遺す、リファラスパムというものらしい

対策としてはCGIの名称を変更するか、該当するURLのリファラはログに遺さないという方法。どっちもCGIファイルをイジるので面倒だなぁと思っておりました。

まぁうちの自宅サーバ(MacOS9)でCGIを動かすよりは手間はかからないので、思い腰(腹ではない)を上げて設定することに。

んで、レンタルサーバの設定ページをみたら、WEBブラウザから直接CGIファイルをイジれることが判明。おおこれなら該当URLをペーストして保存をクリックするだけでオKだ。
FTPでアップロードしなくても、パーミッションを設定しなくても良いぐー。

というわけで早速該当URLを登録。
1日様子を見たがログは残らず。やたー

でも新たなURLが・・・
暫くはイタチごっこか・・・( ´Д⊂ヽ
posted by ヘイゴ at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記