2008年03月27日

QTネット(BBIQ)へ変更1

娘さんの卒業式があった日の午後
自宅のネット回線を変更しました。

今まではNTTの光回線+niftyだったのですが
変更後は九州電力系のQTネット(BBIQ)となってます

今までの回線でも問題は無かったのだけど
契約していたケーブルテレビ会社がBBIQに身売りしたので
新しい契約を結ばねばならず、ついでにネット回線も変更した方がお安いということで変更しました。

金額を比べてみると

変更前
基本料+Bフレッツ+モデムレンタル+屋内光回線料
1600+4300(割引-430)+900+200=6570円
これにプロバイダ料金2100円(nifty)とCATV料金3045円を
加算して合計11,715円

変更後
BBIQ+BBIQ光電話+BBIQ光テレビ
5775+315+3885=合計9975円

差額は1,740円
変更前は光電話にしていなかったので、もし光電話にしていれば差額はなかったかも。

浮いた差額分に少し足して、もう一台CATVのデジタルセットトップボックス(以後セットボックス)を追加契約しました。月2,100円。

今年1月末に新しい契約書を郵送して、工事の下見が来たのが3月初め、工事完了が3月24日でした。契約(申し込み)から2カ月ですね。こんなものかな?
「光回線だけなら(光テレビが無ければ)もっと早く工事出来るんですけどね」と工事の下見にきた作業員に言われましたが
「(いやいや、そもそも3月までにテレビの契約してくれって言ったのはそっちだろうが)」とは思いましたが口には出さず「あーそーですかー」と流しておきました。

んで工事当日、下見の作業員とは別の作業員が来て下見の時に打ち合わせた配線方法とは違う工事をしようとしたので、ちょっとマテと。

下見の時に現在使用している同軸ケーブルの分配器(屋外設置)はデジタルに対応しているか判らないし、対応していても古い型なので信号の減衰が大きいかもしれないので使わずに新しい物を使いましょう。業者側で用意すると高い(8,000円強)と言うのでワタシが量販店で対応機種を購入しておくという話しになっていました。

んが、当日に来た作業員はそのまま屋外の分配器を使って配線したいと言い出したのです。をい。
いやいや、そのまま使うのはマズいという事で下見の時に話し合いしましたよ。工事予定表にもそれでサインしたのですからね、その通りに工事して下さい。分配器もこちらで用意してますから。と下見の時に打ち合わせ通りに配線するようにお願いしました。(-_-;)

配線は光ファイバーを2階のクーラー用の穴から室内に通しV-OUNへ接続。光ファイバーと同軸ケーブルに分配して、光ファイバーは同じ穴から一旦外に出して1階のクーラー用穴から再び室内に配線してONUへ接続。BBIQターミナルへLANで繋ぎ、ここから電話機とルータへ接続しました。

同軸ケーブルは4分配機(※)に繋いで、1本はやはりクーラー用穴から1階に配線してPerforma 5320に繋ぐ(アナログ放送は見れます)
2本はそれぞれセットボックスに繋いでテレビとCAPTY-TV(macmini)へ繋ぎました。テレビはD1端子でCAPTYはS端子で接続です。
※用意したのは3分配器だったけど信号が強いので4分配器に変更になった。
4分配器は業者が「サービスです」って言ってた。をい(-_-;)


長くなったので明日へ続く・・・
posted by ヘイゴ at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記